« ゴールデングラブ総ナメ | トップページ | 福留孝介>高橋由伸 »

2006年8月22日 (火)

川上憲伸>上原浩治

球界を代表するエースピッチャーで、年齢も同じふたり

川上憲伸と上原浩治。

何かと比較されるふたりですが、本当に素晴らしい

ピッチャーですね。

ただ近年、川上の力が明らかに上回ってきましたね。

これまでどちらかというと、

上原の方が上に見られてましたが、今は間違いなく憲伸!

上原ももちろん素晴らしいピッチャーですが、

今は試合を作ることに力を注ぎすぎてる感じがします。

もちろん先発投手として、試合を作ることは必要ですが

エースになると試合をつくるだけではダメ。

チームを勝利に導くために、ココ一番の場面では

絶対に抑えないといけない。

たとえ9回2失点で完投しても

チームが点を取れないなら、1点だって与えない。

それがエースだと思います。

そういう意味では味方が援護してくれれるなら

少しくらいは打たれてもオッケイなのかもしれません。

今の巨人ではあんまり援護は期待できないから

同情はするけど、それでもチームを勝利に導くのがエース。

今の球界では憲伸に並んでエースと呼べるのは

ソフトバンクの斉藤くらいかもしれません。

特に気迫が前面に出てくるのがいいですね。

あ、でも勘違いしないで欲しいんですが

上原、ホントは大好きです(憲伸ほどではないですけど)

だからこそ、お互いに切磋琢磨して

球界を盛り上げて欲しいですね。

なんならマスコミももっとあおってもいいと思う!

|

« ゴールデングラブ総ナメ | トップページ | 福留孝介>高橋由伸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117228/3165213

この記事へのトラックバック一覧です: 川上憲伸>上原浩治:

« ゴールデングラブ総ナメ | トップページ | 福留孝介>高橋由伸 »