« 堂上直倫は中日へ | トップページ | 史上最年長ノーヒットノーラン »

2006年9月11日 (月)

万年2位のドラゴンズ

ついに買って見てしまいました。

「強竜伝説 中日ドラゴンズ 70年の軌跡」!

これホントにオススメのDVDです。

中日ファンのみなさんもぜひ購入してください♪

ホントに幸せな気分になれますよ♪

さて、これから本題です。

このDVDは、もちろんこれまでのドラゴンズの

歴史が詰まっているわけなんですが

見てて思ったのが「2位が多くない?」ってこと。

伝説の10・8をみてもわかるように

中日は、結構優勝争いはするんだけど土壇場で弱い…。

だから強いわりには優勝の回数が少ないわけで。

で、調べてみましたよ。

2位になった回数が一番多いチーム。

やっぱり中日でした(苦笑)

その数なんと22回!!!!!!!

6回しか優勝してないのに、22回も2位って…。

次いで多いのが、巨人とソフトバンクの15回。

これ相当勝負弱いってことなんじゃ…(汗)

だからこそ愛されるドラゴンズなのかも

しれないけど、

今年はここまで期待させてるんだから

やめてくださいよ、2位なんて…(笑)

そういえば、昔は「ドベゴンズ」なんて

揶揄されて呼ばれてたこともあったけど

最下位はそんなにないみたいですね。

でも5位は結構多いんだけど(苦笑)

ということで参考までに各球団の成績を。

チーム    1位 2位 3位 4位 5位 6位

巨人     39 15 10  3  2  1
西武     20  7 12  6  5  6
オリックス  12 14 13 17  7  4
ソフトバンク 15 15  3 10  9 11
中日      6 22 13  5 11  7
阪神      8 17 16 11  5 12
ロッテ     5  7 10 14 13  7
広島      6  6  8 11 14  9
日本ハム    2  6 13  6 17 12
近鉄      4 10  7  9  5 16
ヤクルト    6  4  4 18 11 12
横浜      2  4  9  9 15 17
楽天      0  0  0  0  0  1

※一部省略してるところもあります。

こんな感じなんですよね。

こうやってみると、巨人は当たり前だけど強いんだね〜。

西武もそう、やっぱり黄金時代を築かないとね。

ちなみにオリックスは、阪急時代が強かったから

上位にいるんですね。今は……。。。

最下位が一番多いのは横浜だったんですね。

今でこそ強いけど、阪神は弱いイメージが

あったんで、横浜ってのは意外でした。

まあ、楽天はこれからってことで(笑)

|

« 堂上直倫は中日へ | トップページ | 史上最年長ノーヒットノーラン »

コメント

セナさん、こんばんは!

コメントは、はじめましてですね。
記事の方いつも拝見してます。
球団成績、横浜としてはこの成績なのかな?
大洋時代は優勝ってあったのかな?
中日の2位って、セナさんのおっしゃる通り、
ずば抜けて多いんだね~。
「~70年の軌跡」のDVDってあったんですね。本は購入したんですけど…
早速、買いに行きたいと思います。
また、セナさんの記事楽しみにしてます。

投稿: モリ | 2006年9月16日 (土) 00時40分

モリさん、はじめまして。
コメントありがとうございました♪

返事が大変遅くなってごめんなさい。
自宅のマックだと文字化けするようで
会社からこっそり返信してます(苦笑)

ちなみに横浜は大洋時代も含む成績です。
中日はホントに2位ばかりで(苦笑)
調べてみてビックリしました。。。

DVDはドラファンなら絶対オススメ♪
相当楽しめます。

モリさんの記事も見せていただきました。
中日ファンの人のブログは見ていて
楽しいですね♪
今後も楽しみにしてますね!

投稿: セナ | 2006年9月19日 (火) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/117228/3395839

この記事へのトラックバック一覧です: 万年2位のドラゴンズ:

» 天敵八木PO不安 ゼロ封日本ハムに今季6/12 [スポーツニュース]
これほど消沈したチームの姿は初めてだ。沈黙の行列が続く。耳に入ってくる敵地の大歓声。松中は帰りのバスに乗り込む間際、自ら足を止めた。そして口を開いた。主砲としてナインの先頭に立つ男の責務だった。 「打線の中心にいる身として、援護できなかった。これだけ投手に助けてもらってきて申し訳ない。選手全員が反省しないといけない」 何度、投手に頭を下げても足りない。それが松中の本音だろう。投手力... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 00時34分

« 堂上直倫は中日へ | トップページ | 史上最年長ノーヒットノーラン »