« 2006年11月 | トップページ

2006年12月 3日 (日)

松坂移籍に60億円は当たり前!

やっぱりオフシーズン、あんまりネタがないですね(笑)

というわけで、今日はドラゴンズブログなのに、

ちょっと遅れたけど松坂の入札金60億円について。

皆さんご存知のとおり、西武ライオンズの

松坂投手がポスティングでレッドソックスへ。

その入札額が60億円だったんですが

この莫大な金額が波紋をよんで

今後のポスティングシステムを見直そうという

流れになっているようです。

そこで、「ちょっと待て!」ですよ!

松坂の60億円って妥当な金額じゃないの?

そりゃーすげー金額だとは思ったけど

でも日本でも今後そんなに出てこないほどの

超スーパーピッチャーなわけですよ、松坂は!

西武ライオンズだけじゃなくて日本の球界の宝。

高卒からあれだけの活躍を続けてきて

今の年齢もまだかなり若い!

これからもっともっと成長する可能性もあるし

このタイミングで松坂レベルの選手を獲得するってのは

そりゃーどこだって欲しいでしょ?

つまり、人気、実力、将来性を含め

松坂がこれから3年くらいは絶頂期を迎える。

そのタイミングでの移籍ってことをもう少しわかって欲しい。

だからこその60億円で、それは妥当じゃないのかなと。

比較論でいけば、イチローの14億円が破格だっただけ。

日本のスーパースターが流出するのに

“それなり”の金額で折り合うなんてありえないと思うんだけど。

西武も阪神もヤクルトもそうだけど

入札額はあんまり気にしないとか

絶対言っちゃいけない言葉ですよね。

例えば

「最低でも30億円の入札金額がなければ移籍は認めません」

くらい言ってもいいと思う。

それがダメなら、来年まで待ってFAで移籍しなさいってこと。

ポスティングの権利は球団のもので、

選手の意向は関係ないんだから。

それこそ、松坂ほどの戦力を手放すのに

必要な金額を提示するのは当たり前の話だと思うんだけど。

まあ、球団としては来年FAで松坂がメジャーに移籍すると

タダで放出になるわけだから強気になれない部分もあるけど

そもそもなんで国内移籍だけ移籍金がかかるのか不思議。

それを変えないでポスティングだけ見直すなんて

おかしな話ですよね。

だったらFAに関しても日米間できっちりと

移籍金を設定すべきだと思います。

そう考えれば井川の30億円は少し過剰だけど

これも、メジャーが左腕不足なんだから

仕方ないし、岩村の5~7億円くらいも

妥当なんじゃないの?

ただ、年俸に関しては別問題ですよ。

松坂の代理人が吹っかけてるみたいですが

まだメジャーでまったく活躍もしてない選手に

メジャーのエース級以上の年俸を払えってのは

無理があるでしょ?

期待料プラス人気面を考慮するにしても

バランスは大切。

レッドソックスが提示してる9億~12億くらいで

本当に十分だと思う。

来年活躍して年俸交渉はすればいいわけで。

今の段階で18億とかふざけたこと言わないで欲しい。

比較としてメジャー選手の年俸を書きたかったけど

これはまた松坂の移籍が決まったときに書きますね。

| | コメント (39) | トラックバック (7)

« 2006年11月 | トップページ